[カードローン入門] - 日本 東京
(会社名)トップ

カードローンと一口に言ってもどんな種類があるのか

カードローンと一口で言っても、いろいろな種類があることは皆さんもご存知の事だと思います。 きちんと1つずつ知っておかないと、時には後悔することだってあり得ます。 まずは種類がどのくらいあるのか、そしてそれぞれの特徴を抑えてみましょう。

カードローンの種類は大きく分けると3つあり、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンとなっています。すべてカードタイプのカードでお金を借りることが可能なカードローンです。

まず銀行系カードローンについてですが、特徴としては最も低金利であることが挙げられます。 しかし、誰でも利用することが出来るかというとそういうわけにはいきません。 銀行系カードローンは低金利である半面、審査が厳しいことでも有名です。 毎月安定した収入がある人、ブラックリストに載っていない人はもちろんですが、他の金融会社から借り入れしていないかチェックされたり、勤め先の確認をされることもあります。

そして信販系カードローンに関しては、最も利用者が多いカードローンなので十分に知っている人も多いかと思います。 簡単に言えば、クレジットカード会社が運営しているカードローンのことです。 例えば商品やサービスを購入した際、一旦はクレジットカード会社で代金を負担します。 そして後日、負担してもらった代金を請求される仕組みになっています。 この仕組みこそがカードローンの1つであり、国内だけでなく海外でも利用でき、その上ポイントも獲得できるとあって大変人気を集めています。

そして最後に消費者金融系カードローンについてですが、詳しいことまで知らなくとも名前だけなら知っている、という人はきっと多いことでしょう。 消費者金融系カードローンと言えばアコムやプロミス、レイク、モビットあたりが大手で全国に展開しています。 特徴としては審査が通りやすく利用しやすいのが魅力的ですが、その反面、金利がやや高めに設定されています。 サービスの内容は充実していて、今では当たり前となっているスピード審査、無人契約、インターネットサービスなどは全て消費者金融系カードローンが始めたものです。

以上、この3つの種類を抑えておくことでカードローンをいざ選ぶ時により自分に合ったものを選ぶことが出来るでしょう。

ページの先頭へ戻る

初めての方でも安心してカードローンが借りれるように…